偉業を成し遂げるにはまず寝る!日本むかし話「三年寝太郎」から学ぶ成功哲学

『偉業を成し遂げるには、まず寝る?』 日本の昔ばなしの1つ『三年寝太郎』ってご存じですか?

『三年寝太郎』

日本昔ばなし「三年寝太郎」の絵本の画像

寝太郎という男、寝てばっかり。あんまりにも寝てばかりだから周囲の村人からは「なまけもの」「ばちあたり」と揶揄されていました。 しかし、いざむくっと起き上がったら、とんでもない力を発揮して村中を救う偉業を成し遂げちゃった。というお話です。

寝太郎は、3年もの間寝ていましたが、その間決して怠けていたわけではないのです。
逆に、寝ることで頭を働かせていたのです。
そして、ここぞという時に立ち上がり、誰にもできないことを成し遂げて村の人々を救ったのです。

毎日、判断の連続を迫られる経営者のみなさま
成功と社会貢献のためには、まずしっかり寝ましょう ! (-_-)zzz

もしあなたが普段からよく眠れていなかったり、夜はなかなか寝付けなかったり、朝すっきり起きれていなかったり、日中眠くて集中力がなくて困っていたら、ぜひ鍼灸マッサージをしてみましょう!
鍼であなたに素敵な目覚めを!

睡眠の質をかえると、人生の質が変わる💕
そうよ、今日はhappysleep !!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA