お店の名前の由来について。はりあやこ?ハリアヤコ?hariayako?そしてhappysleep?

お店の名前『happysleep hariayako』
この名前の由来は?

はりあやこのロゴ

お店の名前は、開業する1年以上前に決まりました。
開業してもいないのに、不動産も決まっていないのに、まだ何にも始まっていない会社員時代に決まったんです(笑)

happysleep hariyakoは、『happysleep』と『hariayako』で別々の人たちがつけてくれました。

①『happysleep』
友人の誘いでたまたまワインの試飲会に行ったあと、会場の近くの緑道でプチキャンプワイン2次会をしました。
とてもお天気がよくて、気持ちの良い日でした。
そこには、友達、知り合い、知り合いの知り合い…などなど15人くらい集まったでしょうか…
だいぶお酒も進んで、みんな気分もよくなったころに
『将来独立したら、屋号何にしようかな…』などと話をしていたら
『コンセプトは何???』と聞かれ
『睡眠の質をあげて、起きている時間を豊かにする、鍼!』と答えると
・『ゆ~みん!』
・遊ぶ、眠る、で、漢字でいこうよ、『遊眠!』
・眠る幸せ、で、『こ~みん!』
など、ゲラゲラ笑いながら案が出て
『happy感がでるようにしたいなぁ…』と私がぼやいたら
じゃじゃじゃ、『happy sleep!』
い~ね、い~ね、『yes, happy sleep!』、と、みんなで盛り上がりました。

②『hariayako』
私より一回り以上若い女性トレーナーさんと六本木で飲んでいて、気分もよくなった帰り際に
『独立したら、屋号何にしよう…?』と話したら
トレーナーさんが、『はりあやこ』と即答。
私の名前が『綾子』で『鍼師』だから、『はりあやこ』
適当すぎる!あまりにダサすぎてやだやだ…ときゃっきゃ盛り上がりました。

時が過ぎ、なんとなくぼーっとしていた時
これ、くっつけたらどうなる??と漠然と考えて
「happy sleep」+「はりあやこ」→ happysleep hariayako
なんかいいかも!…と思ってしまったわけでございます。

いざ不動産が決まって、開業する時に、この名前を保健所が許してくれるのかが問題でしたが、
港区の保健所の担当者さんには最初『英語ですか…?』と聞かれましたが、『お客様は、日本人だけでなく海外の方も視野にいれているので…』と説明したところ、「鍼灸」ということと「睡眠の質がコンセプト」であれば、何の商売かということと、他店との差別化もあるので、まぁいいでしょう!と言っていただき、めでたく決まりました。

大事な屋号は、全部お酒の席で決まりました!!
お酒の席は、面白いことが起こるので、大好きです。
コロナで、今は人と集まったり、飲んだりワイワイできないので残念です。
お酒を飲んだり、くだらない話で盛り上がることは、まさに『不要不急』ですが
『不要不急』の中から生まれる大切なものが、たくさんあるんですよね…

鍼灸師hariayakoのプロフィール写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA