鍼の効果って何ですか?鍼灸師hariayakoが説明します。

『鍼って、何に効くんですか?』という質問をよく受けます。 ぎっくり腰や肩こりがひどすぎて、しょうがないから鍼でもしてみようとお考えの方も多いと思います。 実は、腰痛や肩こりだけでなく、鍼にはとてもたくさんの効果が期待されていて、WHO(世界保健機関)も、その効果を認めているんですよ。

はりあやこの鍼のイメージ画像


痛みや痺れに効果がありそうだなぁ…というのは、なんとなく想像できると思いますが、実は鍼には、自律神経やホルモンバランスをよくしたり、免疫を上げて体を元気にしたり、胃腸を丈夫にして消化力を上げたり、不眠症やストレスリリースにすごく効果的なんです。

WHO(世界保健機関) が認めているものには、次のようなものがあります。

【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ヒステリー

【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧/低血圧・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・胃十二指腸潰瘍・痔

【代謝内分泌系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大

【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・生理痛・月経不順・冷え性・血行不良・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻炎・蓄膿・咽喉頭炎・扁桃炎

【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科系疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

などなど、実に多くの悩みに効果的なんです。

痛みのコントロールだけではなく、ストレスなどの心の問題、そして美容にも効果を発揮します。日頃の体調管理や、お薬を飲みたくない方や飲めない方に 鍼はとてもおすすめです。
(※虫歯は治せないかな…(-_-) )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA