寝ないと太る!ダイエットはまず寝ることから

残念ですが、寝ないあなたは太ります。
ダイエットのスタートは寝ることからはじまるんです。

慢性的な睡眠不足は、インスリンに対する感受性が低下してしまうため、糖尿病や肥満のリスクを高めるという調査があります。

アメリカの高校生を対象とした調査では、平均睡眠時間が 8時間の人に比べて
7時間の人は 1.29倍
6時間の人は 2.8倍
5時間以下の人は 8.5倍
肥満の危険度が上がるという結果が出ているそうです。

他にも、睡眠不足が原因で太る理由は2つのホルモンの影響もあります。

1つは、グレリンと呼ばれる食欲を高めるホルモン
もう1つは、レプチンという食欲を下げるホルモンです。

シカゴ大学の研究では、たった2日間の寝不足で、グレリンが28%増加し、レプチンが18%減少するという結果がでました。
また、睡眠不足は、単純に食欲が増してしまうだけでなく、普通の量を食べても満足感が得られない状態になりやすく、かつ甘いものや脂っこいもの、特に菓子パンやラーメンなどの炭水化物が食べたくなるという現象も報告されています。

恐ろしいですね。

レプチンが減少して、グレリンが増加すると、オレキシンが興奮すると言われています。
オレキシンは、睡眠、覚醒、情動、報酬系、摂食行動などのバランスをとっている神経ペプチドですが、もっとも中心的な役割は「覚醒の維持」と考えられていて、覚醒を促し、食欲を増す作用があります。

そうすると、ここで肥満の連鎖が起こってきます。
睡眠不足 ⇒レプチン減 グレリン増 ⇒オレキシンが興奮 ⇒覚醒して食欲が増す ⇒起きて食べる ⇒血糖値が上がりオレキシンが低下 ⇒眠くなる ⇒寝ないで起きる ⇒睡眠不足 ⇒……… 以下リピート

眠りを奪われると、約3週間でラットは死んでしまいます。
急性的な睡眠不足は、交感神経の緊張を高め、血圧、血糖値を高めます。
慢性的な睡眠不足は、肥満のリスクを高めます。

睡眠不足が続くことはとても恐ろしいことです。

しかし、『寝ると痩せる』 という調査研究はなく、睡眠時間が増えすぎてもBMIは上がってしまうという調査結果もあります。

人生はバランスが大事。
ダイエットやボディメイクのためにも寝すぎない程度によく寝ましょう。

豊かな人生は質の良い睡眠から。
今日も happysleep!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA